最新の大麻ニュース
ページを選択

麻の弁護士は農民を助けます

麻弁護士ヘンプ弁護士、 トムハワードと ロッド・カイト ヘンプファーマーズが直面しているビジネス上の問題について話し合い、弁護士のジェフホールがヘンプのビジネスに関する法執行機関の混乱の実際の結果を説明しています。

大麻ビジネスを開始または維持したい場合は、 麻弁護士 可能な行動と規制について。 米国のさまざまな州ではさまざまなルールが適用されます。優れた麻の弁護士が規制を遵守し、大麻ビジネスを安全に保つのを支援できます。 ここでは、適切な麻の弁護士があなたを助けることができるものがあります。

ヘンプ契約の起草とレビュー

大麻事業を始めるとき、大麻であっても、いくつかの契約を結ぶ必要があります。 大麻ビジネスでの立場を明確にすることが最も重要です。 加工業者、生産者、または販売者になりたい場合でも、特定の場合における権利と義務が何であるかを知る必要があります。 麻の弁護士はあなたがあなたの正確な立場に適用される正しい契約を起草するのを手伝うことができます。

麻の事業主間の契約には、事業におけるさまざまな側面と役割が含まれている必要があります。 以下を予定している場合は、契約が必要です。

•麻または麻製品の購入または販売

•ビジネスまたはビジネスプロパティを購入または販売する

•業務提携契約を結ぶ

•賃貸契約を結ぶ

•麻を処理するための契約を結ぶ

•金銭と個人の権利を含む紛争について合意する

当事者間で行うことのできる契約にはさらに多くのタイプがあり、ヘンプ弁護士はあなたがあなたのビジネスに適用される適切な契約を起草、検討、または交渉するのを助けることができます。 契約を起草することは、ビジネスの相互作用にとって非常に重要です。なぜなら、一方の当事者が合意のポイントに従わない状況から身を守ることができるからです。

ハンドシェイクまたは口頭による合意は、書面による合意があなたの権利を保護することができる方法と比較して、適切にあなたを保護することができません。

USDAヘンプ規制コンプライアンス

米国農務省(USDA)は、31年2019月XNUMX日木曜日に公式の規制を発表しました。これらの規制では、米国国内麻生産プログラムが麻生産に影響する詳細とともに実施されます。 暫定規制は、米国の生産者と消費者の両方に利益をもたらす国産大麻の生産と販売を改善する機会と見なされています。 州およびインディアンの部族は、USDAの承認された計画内で主要な権限を持ちます。

暫定規制の一環として、以下に対処する最も一般的な懸念事項を特定できます。

•場所、テロワール、全体的な栽培条件に基づく種子の認証

•THCとTHCAの両方の濃度に適用される総THC含有量規制

•麻薬取締局(DEA)に準拠する登録済みラボでのテスト

これらの規制の範囲内で、州と部族は麻の生産を監視および規制する計画を提出できます。 州計画の主要な要件には、情報の共有と収集、THC濃度レベルのサンプリングとテスト、非準拠作物の処分、暫定規制に従って麻が生産されていることを規制する実施が含まれている必要があります。

特定の州の規制に関しては多くの疑問が生じます。そのため、麻の弁護士があなたの州に適用される適切な指示を与えることができます。 特定の州のUSDA計画に関連するすべての問題を考慮することが重要です。 このようにして、大麻ビジネスであなた自身とあなたの財産を保護します。

州麻コンプライアンス

挽き目 2018ファームビル パッセージは、産業用麻の規制に関連する定義と制限を、前の2014年の農家法案から変更しました。 現在の2018農場法案では、法律が産業用ヘンプの成長と栽培に関する規制を変更していることがわかります。 その結果、州と部族は、州または部族の領土での麻の生産に関する計画と申請書を提出できるようになりました。

関連記事: 農場法案はどのように麻を合法化したのか…そしてマリファナ???

州の政策立案者は、麻の定義から免許、認証、委員会、保護権まで、さまざまな政策問題に取り組むことができます。 少なくとも47の州で、産業用ヘンプの栽培と生産のためのプログラムを作成する法律があります。

アイダホ州、サウスダコタ州、ミシシッピ州、およびコロンビア特別区を含む特定の州は、麻の栽培に十分な余裕を得る過程にあります。

法執行機関の教育と回避

イリノイ州の場合、州が新しい法執行機関に準拠する準備をしている様子を見ることができます。 当局は、新しい法律はもはや本には載っていないと言っていますが、多くの異なる方法で施行されています。 イリノイ州では、誰もが娯楽マリファナを完全に合法化する準備をしています。 新しいルールを適用すると、多くの大麻事業主の視点が完全に変わります。

XNUMX年前に州でレクリエーション用マリファナが合法化されたとき、コロラド州にも同様の状況が起こりました。 ある日、大麻は違法でした、そして次の日、それは公式の規制によって合法でした。 この変化は、運転規制からTHCレベルの規制まで、生活の多くの領域に影響を与えました。 コロラド州は、新しい法律の実用化を最初に体験した国です。 私たちは、合法化されたマリファナの結果のXNUMXつである、マリファナの影響下で運転しているドライバーをまだ見ることができます。

大麻はコロラド州の主流になりました。 マリファナの所持は、特定の条件下で許可されています。 道路沿いには、マリファナ企業が主催する多くの美化プログラムが見られます。 多くの企業は、マリファナ製品の宣伝と宣伝に基づいて計画を立てています。 コロラド州は、大麻産業がXNUMXつの州でビジネス状況をどのように変えることができるかを示す最初の例です。

イリノイ州やその他のレクリエーションマリファナ合法化の準備をしている州で、どのような変化が起こるかは、残されています。 実際の予測によると、大麻の花の30グラム未満の量は、2020年にイリノイ州のほとんどの地域で合法になるでしょう。

新しい法執行機関は、麻薬の売人と犯罪活動のための可能な野外市場を作り出します。 ただし、市民は合法的な供給元からのみTHC製品を摂取するようにアドバイスされます。 これにより、事業主がマリファナや大麻の製品を合法的に配布する多くの機会が生まれます。

法律への法令遵守の問題では、事業主は事業計画と財務計画を保護するために必要な措置を講じる必要があります。 麻の弁護士と話すことは、公式の州の規制の下で適切な免許を取得する機会を大幅に増やすことができます。

ヘンプ弁護士に連絡する

あなたのビジネスのために麻の弁護士に連絡してください:

ノースカロライナ州–連邦の問題で全国の麻のクライアントにサービスを提供– 弁護士ロッド・カイト

イリノイ州では、連邦問題に関する麻のクライアントへのサービスや全国的なコンサルティングも行っています– トーマス・ハワード弁護士

麻の経営者にマリファナを所持しているとして不当に告発されている– 弁護士ジェフ・ホール。

CBDについて親が知っておくべきこと

CBDについて親が知っておくべきこと

親がCBDについて知っておくべきこと親がCBDについて知っておくべきことは次のとおりです。 CBDは単なるトレンドではありません-それは運動です-そしてそれは一般大衆が新しい光の中で大麻を見るのを助けました。 CKSoulのKim Barkerが参加して、CBDが医療をどのように変えているかについて話し合います...

トーマス・ハワード

トーマス・ハワード

大麻弁護士

トーマス・ハワードは長年ビジネスをしており、あなたがより収益性の高い水域へと進む手助けをすることができます。

トーマスハワードはボールを持っていて、物事を成し遂げました。 扱いやすく、コミュニケーションも非常に良いので、いつでもお勧めします。

Rマーティンデール

710とは何ですか?

710とは何ですか?

710とは 710とは BHOはどこから来たのですか? ダブはどのようにして国を支配しましたか? ポットの歴史家、雑草の歴史における偉大な瞬間のデビッド・ビーネンストックは、710を祝うために私たちと一緒になり、この高い休日の起源についての軽い歴史のレッスンを私たちに与えます。 それを聞いてください...

オクラホマで診療所を開く方法

オクラホマで診療所を開く方法

オクラホマで診療所を開く方法オクラホマで診療所を開くために、立ち上げ費用は他の多くの法的州よりも大幅に低くなっています。 オクラホマ州に診療所を開くには、適切な情報を入手して、いくつかの重要なことを考慮する必要があります...

Legal Grow Opを開始する方法

Legal Grow Opを開始する方法

法的成長opを開始する方法法的成長opを開始する方法は、合法化があなたの州に来るかどうかをあなた自身に尋ねる最初の質問かもしれません。 自宅で自分の大麻植物を栽培したことがあるなら、それは公園の散歩ではないことをすでに知っています。 その一つの植物を想像してみてください...

大麻弁護士が必要ですか?

私たちの大麻ビジネス弁護士もビジネスオーナーです。 彼らはあなたがあなたのビジネスを構造化するのを手助けするか、過度に煩わしい規制からそれを保護するのを助けることができます。

メールで連絡




316 SWワシントンストリート、スイート1A
ピオリア、イリノイ61602

電話:(309)740-4033 || Eメールアドレス: tom@collat​​eralbase.com


150 S. Wacker Drive、Suite 2400、
イリノイ州シカゴ、米国60606

電話: 312-741-1009 || Eメールアドレス: tom@collat​​eralbase.com


316 SWワシントンストリート、スイート1A
ピオリア、イリノイ61602

電話:(309)740-4033 || Eメールアドレス: tom@collat​​eralbase.com


150 S. Wacker Drive、Suite 2400、
イリノイ州シカゴ、米国60606

電話: 312-741-1009 || Eメールアドレス: tom@collat​​eralbase.com

大麻産業と合法化のニュース

大麻産業と合法化のニュース

購読して、大麻業界の最新情報を入手してください。 月に2通程度のメールになります!

あなたが正常に登録しています!

これを共有

当社のウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。

ただし、このウェブサイトのコンテンツは成人のみを対象としています。*

あなたは21歳以上ですか?

このWebサイトにアクセスすることにより、居住している州で合法的な喫煙年齢であることを証明します。