最新の大麻ニュース
ページを選択

大麻会社に外部の顧問弁護士が必要な理由

大麻法務顧問新興の法的大麻市場は、法律と規制の複雑なウェブです。 これらの法律は時として非常に複雑になり、 アメリカ合衆国、ペンシルバニアのように フロリダ州、独自のライセンススキームの実装に問題があります。 多分それはいくつかのことは驚くべきことではありません 最大 イリノイ州では大麻は弁護士によって設立されました。

以前にあなたの会社がなぜ必要なのかについて書きました カナンビス 代理人。 この記事では、あらゆる種類の企業が法的ニーズに対応するために使用する最も一般的な取り決めのXNUMXつである外部顧問弁護士について説明します。

「法務顧問」とは何ですか?

ほとんどの大規模および中規模の企業には、「ゼネラルカウンセル」として指定された人がいます。 顧問弁護士は会社の最高法務責任者であり、会社のすべての法的問題を幅広く監督しています。 つまり、彼ら(およびそのスタッフ)は、コーポレートガバナンス、契約、雇用、知的財産、規制遵守など、すべてを処理します。通常、弁護士は訴訟を処理しません。 社内に巨大な法務スタッフを抱える非常に大規模な企業でさえ、訴訟を法律事務所にケースバイケースで外部委託する傾向があります。 法務顧問は、大規模な買収や証券取引委員会への大規模な毎年の提出など、個別および/または主要な仕事について法律事務所の支援に依存する場合もあります。 対照的に、顧問弁護士は日々の法的業務の多くを処理し、会社が特別な事柄を処理するために法律事務所を持ち込む必要がある場合の監視としてより多くの役割を果たす。

社外法務顧問とは何ですか?

中小企業には依然として深刻な法的ニーズがあります。 小規模な家族経営または個人事業主の法的義務は最小限である可能性がありますが、中規模の企業、特に大麻事業のような規制の厳しい企業は、定期的かつ定期的な法的助言を必要としています。 同時に、法務顧問のように上級従業員を追加することは費用がかかる可能性があり、5名ではなく、週に20〜40時間だけ必要になる場合があります。

ここで、 外側 法務顧問が働きます。 多くの中規模企業は、外部の法務顧問として働くために法律事務所を雇っています。 これは、関係するすべての人にとって、両方の長所のXNUMXつです。 経験豊富な経験豊富な弁護士に日常の必要な法的業務を依頼しますが、上級の正社員がいるという問題に対処する必要はありません。 一方、法律事務所は安定した顧客を獲得しますが、関係する弁護士は依然として自由に追加のビジネスを追求し、法律事務所の設定のみが許可する方法で専門知識を磨きます。

あなたの会社が外部の法務顧問を雇うべき理由

イリノイ大麻規制および税法は、イリノイ州で承認され、認可された大麻ビジネスとしてのステータスを取得および維持するための義務の膨大なリストを作成します。 イリノイでの大麻ビジネスとしてあなたが持っている継続的な要件のほんの一部を次に示します。

  • ソーシャルエクイティステータスに関する年次報告(410 ILCS 705 / 7-30)
  • 従業員トレーニング計画、労働および雇用慣行計画:
    • 従業員が法律とベストプラクティスを確実に遵守するようにする
    • 定期的にベストプラクティスを更新する
    • 責任あるベンダーのトレーニング
  • 環境、健康、安全のコンプライアンス
    • 大麻の廃棄物と廃棄に関する州および連邦の規制
    • 農薬の適切な使用
    • 適切な製品の包装と表示
  • セキュリティコンプライアンス
    • すべての機器が機能し、業界や州の基準を満たしていることを確認する
  • 国家が必要とするすべての情報を会社が適切に記録および保管することを確実にするための記録管理計画。
  • 定期的な検査と州または地方政府からの要求の記録
  • 年次レビュー 法律、規則、規制

大麻固有のすべての規制に加えて、イリノイ州の大麻ビジネスには、次のような収益性の高い中規模企業に適用される他の多くの法的問題があります。

  • コーポレートガバナンスの問題:
    • 企業決議
    • 会社の株式の売買
    • 管理の競合を解決する
  • 雇用問題:
    • 従業員の雇用と解雇
    • 失業と不正解雇の申し立て
    • 福利厚生、最低賃金、有給休暇など
  • 商業契約:
    • 売買契約
    • 薬局、栽培者、注入器、輸送業者との契約
    • 州外の契約
    • 販売およびマーケティングの手配
これは、野心的な大麻起業家として直面することが事実上保証されている多くの法的問題のほんの一例です

社外顧問の採用に関する最終的な考え

大麻は、タフで複雑で高度に定評のあるビジネスです。 高い資本コストと関連するルールの複雑さ、および失敗の高いコストを考えると、すべての大麻企業は誰かを法務顧問として雇うことを強く検討する必要があります。
大麻の弁護士に連絡して、選択肢について話し合い、ビジネスの寿命を確保してください。 私たちもあなたと同じように事業主です。
CBDについて親が知っておくべきこと

CBDについて親が知っておくべきこと

親がCBDについて知っておくべきこと親がCBDについて知っておくべきことは次のとおりです。 CBDは単なるトレンドではありません-それは運動です-そしてそれは一般大衆が新しい光の中で大麻を見るのを助けました。 CKSoulのKim Barkerが参加して、CBDが医療をどのように変えているかについて話し合います...

トーマス・ハワード

トーマス・ハワード

大麻弁護士

トーマス・ハワードは長年ビジネスをしており、あなたがより収益性の高い水域へと進む手助けをすることができます。

トーマスハワードはボールを持っていて、物事を成し遂げました。 扱いやすく、コミュニケーションも非常に良いので、いつでもお勧めします。

Rマーティンデール

大麻弁護士が必要ですか?

私たちの大麻ビジネス弁護士もビジネスオーナーです。 彼らはあなたがあなたのビジネスを構造化するのを手助けするか、過度に煩わしい規制からそれを保護するのを助けることができます。

メールで連絡




316 SWワシントンストリート、スイート1A
ピオリア、イリノイ61602

電話:(309)740-4033 || Eメールアドレス: tom@collat​​eralbase.com


150 S. Wacker Drive、Suite 2400、
イリノイ州シカゴ、米国60606

電話: 312-741-1009 || Eメールアドレス: tom@collat​​eralbase.com


316 SWワシントンストリート、スイート1A
ピオリア、イリノイ61602

電話:(309)740-4033 || Eメールアドレス: tom@collat​​eralbase.com


150 S. Wacker Drive、Suite 2400、
イリノイ州シカゴ、米国60606

電話: 312-741-1009 || Eメールアドレス: tom@collat​​eralbase.com

大麻産業と合法化のニュース

大麻産業と合法化のニュース

購読して、大麻業界の最新情報を入手してください。 月に2通程度のメールになります!

あなたが正常に登録しています!

これを共有

当社のウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。

ただし、このウェブサイトのコンテンツは成人のみを対象としています。*

あなたは21歳以上ですか?

このWebサイトにアクセスすることにより、居住している州で合法的な喫煙年齢であることを証明します。