最新の大麻ニュース
ページを選択

ミズーリ州大麻法と弁護士ダンヴィエット

ミズーリ州は2020年に成人用大麻を合法化しますか?

ミズーリ大麻弁護士、Dan Vietsは、ミズーリ州で30年以上法律を実践しています。 彼はほとんどの時間を、時代遅れの大麻法からミスアリアンを守るために費やしてきました。 NORMLの役員であることに加えて、彼は、今夜のショーの「観客賞」で「常に雑草を得ることができる大学の教授のように見える」でコナンオブライエンのレシーバーでもあります。 彼はミズーリ州でのレクリエーション大麻の戦いをリードしている、長年の大麻擁護者です。 今週、ダンはミズーリ州の大麻法と彼らが選挙日に計画したことについて話をするために立ち寄った。

ミズーリ大麻弁護士ダンヴィエットとは

ミズーリ州の大麻弁護士であるDan Viets氏は現在、ミズーリ州コロンビアを拠点に活動しています。

  • 刑事大麻事件を守る
  • NORML理事会およびNORMLのミズーリ州コーディネーター
  • ミズーリ州のすべての巡回裁判所および連邦裁判所に出廷した
  • 1986年以来の法律の実践

投票用紙の大麻

ミズーリ州は大麻の最高の記録を持っていないかもしれませんが、彼らはそれを変えようとしています。 ミズーリ州は2020年にレクリエーション大麻を合法化することを望んでいます。しかし、投票に参加するには、160,199年3月2020日までに2018通の署名が必要です。医療用に合法化された大麻は2%の税を導入し、税収は退役軍人のためのヘルスケアサービスに行くことを指定しています。 修正2は4%の投票で可決されました。 家の成長は患者と 適格ないくつかの条件 PTSD、IBS、慢性状態が含まれます。

大人の使用はミズーリでどのように見えますか?

ミズーリ州の大麻弁護士であるDan Viets氏と 新たなアプローチを求める非人民、成人向け大麻イニシアチブの署名を集めています。 このイニシアチブの下で:

  • 21歳以上の大人は大麻を購入して所持できます
  • 一部の大麻犯罪は抹消されます
  • 小売販売には15%の税金がかかります
  • 小売販売からの税収は、ミズーリ退役軍人委員会、州道路基金、および薬物中毒治療と過剰摂取防止に特化した非営利組織に割り当てられます

ミズーリ大麻弁護士があなたにできること

レビュアー:Simonat

医療用大麻は、ミズーリ州で2018年から合法でした。現時点では、2020年にミズーリ州でレクリエーション用マリファナを合法化するという議員からの強い衝動が見られます。これは、ミズーリ州のマリファナ市場にどのように影響しますか? 州での栽培、販売、およびマリファナの薬局に関して、市場で公正なゲームを見ることができるでしょうか? 私たちは、ミズーリ州のビジネスとマリファナのユーザーにとって良い環境を作るのに役立つDan Viets and Associatesの一環として、回答を提供します。

マリファナは2020年にミズーリ州で合法化されますか?

マリファナの活動家は、ミズーリ州のマリファナ法の規制を強く支持しています。 有権者は、2020年にミズーリ州で成人がマリファナを使用することに投票する機会があり、この州で多くのビジネスチャンスの扉が開かれます。

財政分析は、155年までに州が年間最大2025億XNUMX万ドルを生み出すことを示しています。これらの予測は、この州におけるビジネスチャンスの可能性について語っています。 大麻ユーザーがマリファナを消費することを可能にする規制システムのおかげで、多くの州が莫大な収入を生み出しています。

医療用マリファナに関しては、2020年にはミズーリ州に約19,000人の医療用マリファナ患者が登録されると予測されています。 それらのすべては、医療目的のためにマリファナを使用する許可として役立つ公式の医療用マリファナカードの資格があります。

ミズーリ州の民間企業にとってマリファナの合法化は何を意味しますか?

2020年21月の投票では、ミズーリ州の有権者は、XNUMX歳以上の個人がXNUMXオンスのマリファナを合法的に所有できるようにする大麻の合法化に投票する機会があります。 購入は、オープンな大麻市場の一部になるためのライセンスを取得しようとしているライセンス販売店から行うことができます。

州は今年、ミズーリ州で192個のライセンスが発行されることを発表しました。これは、今年承認されるすべての申請提出のわずか16,5%です。 全体で、1,163人の申請者が州全体の調剤のライセンスを取得しようとします。これは、州がより多くの申請者に調剤ライセンスの取得を許可した場合に生じる可能性のある収入の量について述べています。

比較すると、コロラドは1,577年に2018のレクリエーション大麻事業主にライセンスを付与しました。発行されたライセンスの数は2020年までにわずかに減少しましたが、コロラドがコロラド大麻市場の一部となることを目指している診療所や小規模ビジネスをどのようにサポートしているかがわかります。 2019年1月、コロラド州は、責任ある成人の消費を目的とした多くのキャンペーンの結果のXNUMXつである、XNUMX億ドルの大麻州の収入を達成しました。

公衆衛生部門は必要なだけライセンスを発行できますが、Missourianの見解では、診療所と栽培センターは合理的に制限されるべきです。 調剤ライセンスの申請者は、採点システムに基づく厳格な選択プロセスを受けます。 申請者の多くは、評価プロセスにおいて民間企業が独自の規制を持っているため、申請の評価手順について不満を述べています。 これがミズーリ州の問題のままである場合、地元のマリファナビジネス市場は、全体的な市場収益成長の大きな可能性を失う可能性があります。

ミズーリ州大麻の弁護士は、この州でのマリファナ合法化をどのように規制するのに役立つのでしょうか?

ミズーリ州での大麻合法化のための全体的なイニシアチブとともに、マリファナ製品の適切なラベル付けについての疑問が生じます。 表示規制は、表示が特定の方法で製品を分類する必要があるサウスダコタ州およびカンザス州を含む他の州として、ミズーリ州に影響を及ぼします。 パッケージとラベルは、公式の推奨事項に適用される基準を満たしている必要があります。 製品の広告とマーケティングも適切に規制されるべきである、特に21歳未満の若者への広告に関しては、商品には明確にラベルを付け、若者には魅力のない方法で宣伝する必要があります。

ミズーリ州大麻弁護士をお探しですか?

ミズーリ州でのマリファナ合法化のイニシアチブは、2020年に全面的に実施されます。この州が、レクリエーション用マリファナの使用をすでに規制している州とどのように対応できるかを見ていきます。 当局は、ミズーリ州の大麻業界にとって、公民権と管轄権の規制に関して、大きな一歩になると主張しています。

薬局や小売店を開く予定の場合は、 ミズーリ大麻弁護士 ミズーリ州で必要なマリファナのビジネス規制を支援できる人。

チェックアウト:

ゲストとして参加することに興味がありますか? プロデューサーにメールを送る lauryn@collat​​eralbase.com.

CBDについて親が知っておくべきこと

CBDについて親が知っておくべきこと

親がCBDについて知っておくべきこと親がCBDについて知っておくべきことは次のとおりです。 CBDは単なるトレンドではありません-それは運動です-そしてそれは一般大衆が新しい光の中で大麻を見るのを助けました。 CKSoulのKim Barkerが参加して、CBDが医療をどのように変えているかについて話し合います...

イリノイ州のR3プログラムと助成金

イリノイ州のR3プログラムと助成金

R3プログラムとイリノイ州の助成金R3プログラムは、イリノイ州の助成金に薬物戦争のいくつかの誤りを正すための方法として作成されました。 19年2020月31.5日の時点で、イリノイ州がR3にXNUMX万ドルの税収を割り当てたことが最近発表されました...

トーマス・ハワード

トーマス・ハワード

大麻弁護士

トーマス・ハワードは長年ビジネスをしており、あなたがより収益性の高い水域へと進む手助けをすることができます。
トーマスハワードはボールを持っていて、物事を成し遂げました。 扱いやすく、コミュニケーションも非常に良いので、いつでもお勧めします。
Rマーティンデール

大麻産業弁護士は ストゥマリ トムハワードのコンサルティングビジネスカンナビスインダストリーアドバイザーおよび法律事務所 担保ベース.
大麻会社に外部の顧問弁護士が必要な理由

大麻会社に外部の顧問弁護士が必要な理由

新興の法的大麻市場は、法律と規制の複雑なウェブです。 これらの法律は非常に複雑な場合があるため、ペンシルベニア州やフロリダ州などの一部の州では、独自のライセンススキームの実装に問題があります。 おそらくそれはいくつかのことは驚くことではありません...

大麻輸送車両

大麻輸送車両

大麻輸送車両大麻輸送車両は、現金、大麻、その他の貴重品を倉庫、小売店、個人保管庫に輸送するために必要です。 大麻トランスポーターNorCal Vansがゲストホストのダスティンロビンソンと一緒に参加して、最高の...

大麻弁護士が必要ですか?

私たちの大麻ビジネス弁護士もビジネスオーナーです。 彼らはあなたがあなたのビジネスを構造化するのを手助けするか、過度に煩わしい規制からそれを保護するのを助けることができます。

メールで連絡




316 SWワシントンストリート、スイート1A
ピオリア、イリノイ61602

電話:(309)740-4033 || Eメールアドレス: tom@collat​​eralbase.com


150 S. Wacker Drive、Suite 2400、
イリノイ州シカゴ、米国60606

電話: 312-741-1009 || Eメールアドレス: tom@collat​​eralbase.com


316 SWワシントンストリート、スイート1A
ピオリア、イリノイ61602

電話:(309)740-4033 || Eメールアドレス: tom@collat​​eralbase.com


150 S. Wacker Drive、Suite 2400、
イリノイ州シカゴ、米国60606

電話: 312-741-1009 || Eメールアドレス: tom@collat​​eralbase.com

大麻産業と合法化のニュース

大麻産業と合法化のニュース

購読して、大麻業界の最新情報を入手してください。 月に2通程度のメールになります!

あなたが正常に登録しています!

これを共有

当社のウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。

ただし、このウェブサイトのコンテンツは成人のみを対象としています。*

あなたは21歳以上ですか?

このWebサイトにアクセスすることにより、居住している州で合法的な喫煙年齢であることを証明します。