最新の大麻ニュース
ページを選択

ミシガン大麻ビジネス弁護士

ミシガン大麻ビジネス弁護士スコット・ロバーツ

​,warミシガン州の大麻事業は、1年2019月2018日に州が娯楽事業の申請を開始したときに準備が整いました。ミシガン州は、投票の56%で2020年に成人の使用を合法化しましたが、最初の娯楽事業はXNUMX年の春まで開店しないと予測されています。今週、ミギーとトムは 大麻ビジネス弁護士 スコット・ロバーツ スコット・ロバーツ・ロー ミシガン州の大麻の風景を議論する。

ここミシガン州では、大麻の法律と規制が常に進化しており、法律の施行は予告なしに変更されます。 の MRA(ミシガン規制庁) それはマリファナを管理し、物事についての彼らの読みを時々変えることができます、そしてあなたがそれに積極的に関わっていない限り、あなたは知らないでしょう。 Webには多くの情報がありますが、XNUMX〜XNUMX年以上経過していると、最新ではない可能性があります。 – スコット・ロバーツ

ミシガン大麻ビジネス弁護士

スコット・ロバーツの法律とは何ですか?

  • フルサービスの大麻ビジネス法律事務所
  • 新興企業や既存の企業と連携
  • コンプライアンスからライセンス、ビジネストランザクションまで、すべての大麻ビジネスを支援します
  • 医療用大麻ビジネスがミシガン州医療用マリファナ法(MMMA)、医療用マリファナ施設ライセンス法(MMFLA)、ライセンス規制局(LARA)の規制、地方自治体のゾーニング制限、およびその他の該当する法律に準拠するのを支援する
  • 2014年に設立された
  • ミシガン州デトロイトに本社を置く

大麻とは マイクロビジネス?

最大150の大麻植物を栽培および加工し、その生産量から消費者に直接製品を生産および販売することを許可された中小企業

  • マイクロビジネス カリフォルニアやミシガンなどの州を大麻市場を独占したい「大麻」企業から保護するために作成されました
  • マイクロビジネスの申請者は、レクリエーションライセンスのように医療用マリファナのライセンスを取得する必要はありません
  • マイクロビジネスは、大麻をテーマにしたアーケードからレストランや映画館まで、ビジネスチャンスに多くの可能性を秘めています

この試験は ミシガンダー 大麻の権利について知る必要がある

大麻の法律は悪名高いほど複雑です しかし、消費者および居住者としてのあなたの権利を知ることは重要です。 あなたが起業家であろうとカジュアルな消費者であろうと、説明と指導のために弁護士に連絡することをためらわないでください。 21歳以上のミシガン州の住民は、次のことができます。

  • 家に最大10オンス、家の外に2.5オンスの花を持っている
  • 最大15グラムの大麻濃縮物を所持
  • 自宅で最大12の植物を育てる
  • 車のトランク(または車内の簡単にアクセスできない他の場所)に保管されている、ラベルが貼られた密封されたパッケージで大麻を輸送する

チェックアウト:

ゲストとして参加することに興味がありますか? プロデューサーにメールを送る lauryn@collat​​eralbase.com.

新興企業や確立された企業は、公式の医療用マリファナのビジネス法を遵守するために、ミシガン大麻のビジネス弁護士を探すことがよくあります。 MMFLAライセンスが必要な場合、不動産を取得したい場合、または大麻ビジネスの売買を確立したい場合でも、適切なミシガン大麻ビジネス弁護士がお手伝いします。

ミシガン州の大麻事業規制とは何ですか?

1年2019月XNUMX日、ミシガン州は、申請者がレクリエーション用マリファナビジネスを開始できるようにする規制の最終段階を踏みました。 最初の申請書はすでにオンラインで提出されており、マリファナのビジネスに関する規制や法律についてもっと情報を提供したいという多くの申請者がいます。

ミシガン大麻ビジネス弁護士の主な仕事は、訴訟のプロセスを通過する方法と、法的リスクを軽減する方法を通知することです。 優れた弁護士は、州とIRSに提出する必要のある申請書にどの事業体が必要かを決定する際に、完全なサポートを提供します。

ミシガン州規制局によると、事業主は州で活動する場合、医療用マリファナとレクリエーション用マリファナを分離する必要があります。 一般的に言えば、医療用マリファナとレクリエーション用マリファナの間に化学的な違いはありません。 ただし、レクリエーションマリファナに適用される消費税10%を支払う必要があります。 これにより、レクリエーションマリファナのビジネスは、規制と適切な財政支援の面で少し厳しいものになります。

ミシガン大麻ビジネス弁護士はどのようにあなたを助けることができますか?

医療用マリファナビジネスを始めることにした場合、ミシガン州の大麻ビジネスの弁護士が多くの分野であなたを助けることができます。 ビジネスで取得したいライセンスの種類については、弁護士に相談してください。

ミシガン州の大麻ビジネスのライセンスの種類

ライセンスの取得を検討するときは、大麻ビジネスアプリケーションを準備する必要があります。 ミシガン州では、5つの異なるライセンスを申請できます。 これらは:

•栽培者

•プロビジョニングセンター

•プロセッサー

•安全なトランスポーター

•安全コンプライアンス施設

栽培者として、XNUMXつのクラスの間で栽培者ライセンスを決定します。 A、B、およびCタイプのライセンスがあり、育てることができる植物の総数を示します。

プロビジョニングセンターは、マリファナの薬局の一種です。 あなたのビジネスのためのプロビジョニングセンターが必要な場合は、安全コンプライアンス施設や安全な輸送業者としての金銭的利益はありません。 また、所得の3%の税額を査定します。

加工業者は、生産者からの大麻を使用し、食用品、抽出物、およびその他の大麻製品を作成するビジネスです。

安全なトランスポーターは、施設間で大麻とお金を輸送します。 安全なトランスポーターになるために、患者または介護者として登録することはできません。

安全コンプライアンス施設は、マリファナのTHCコンテンツをテストします。この場合、研究室または医学で学位を取得している人を雇用する必要があります。

あなたが大麻ビジネスのために正確な財産を所有しなければならないことを言う公式の規則はありません。 多くの申請者は、不動産を契約に基づいて配置し、その後ライセンスを申請します。承認されれば、不動産を購入できます。 このようにして、あなたはあなたが申請プロセスにおいて財政的に安全であることを保証します。

ミシガン州で医療用マリファナのライセンスを申請する方法

ミシガン州で医療用マリファナのライセンスを申請するには、明確な背景、関連するミシガン州での生活年数、および十分な資本が必要です。 この種の事前認定プロセスに合格したら、ライセンス認定を選択できます。

市の町に、正確な自治体でのマリファナ施設を許可するオプトイン条例があるかどうかを確認することが重要です。 これがあなたの街に当てはまる場合、あなたはあなたの医療用マリファナビジネスを運営するために必要な施設を建設することができます。

事前認定プロセスに合格すると、ライセンスの申請に進むことができます。 すべてのビジネスの詳細と施設の正確な場所を説明することが非常に重要です。 正確な情報を提供しないと、MMFLAの担当者によって拒否されるリスクが高くなります。

そのため、必要なすべての詳細についてミシガン大麻ビジネス弁護士に相談することをお勧めします。 医療事業免許を申請する場合は、自治体に適用されるすべての規制を考慮する必要があります。 適切なミシガン大麻ビジネス弁護士に連絡し、医療用マリファナビジネスを成功させるために知っておくべきことをすべて見つけてください。

ミシガン州の大麻ビジネス弁護士に連絡する

ミシガン州マリファナ弁護士

一流 マリファナビジネス法律事務所 新興企業と確立されたビジネスの両方にサービスを提供することは、大麻産業にその名を馳せています。 私たちの 大麻弁護士周囲の法律や市場を知っている 医療用およびレクリエーション用のマリファナ、麻、CBD.

As 大麻弁護士 私たちはあなたがあなたを始めるのを助けるために貴重な法的およびビジネスアドバイスを提供します 施設、プロビジョニングセンター、処理ラボ、安全試験施設、安全な輸送会社を成長させる、または 大麻マイクロビジネス.

インディアナ大麻

インディアナ大麻

インディアナ大麻インディアナの大麻法はアメリカで最も厳しいものの一部です! イリノイ州の隣人が63月にXNUMX億XNUMX万ドルを超える大麻の売り上げを上げた一方で、インディアナ州の消費者は、たったXNUMXつのジョイントだけで最大XNUMX年の懲役に直面する可能性があります。 インディアナNORMLは私たちに加わりました...

トーマス・ハワード

トーマス・ハワード

大麻弁護士

トーマス・ハワードは長年ビジネスをしており、あなたがより収益性の高い水域へと進む手助けをすることができます。

トーマスハワードはボールを持っていて、物事を成し遂げました。 扱いやすく、コミュニケーションも非常に良いので、いつでもお勧めします。

Rマーティンデール

Facebookでフォローします

大麻産業弁護士は ストゥマリ 法律事務所でのトムハワードのコンサルティングビジネスおよび法律実務のウェブサイトを設計しました。 担保ベース.
ネブラスカメディカルマリファナ

ネブラスカメディカルマリファナ

ネブラスカメディカルマリファナ| ネブラスカ大麻法ネブラスカ医療用マリファナは、2020年に実を結ぶ可能性があります。ネブラスカ州の人々は、今年XNUMX月に医療用マリファナイニシアチブに投票します。 Berry LawのSeth Morrisが参加して、知っておくべきすべてのことを教えてくれました...

CBDブランドの宣伝

CBDブランドの宣伝

CBDブランドを宣伝する方法| 大麻マーケティング広告CBDと大麻は、キャンディーバーの広告ほど簡単ではありません。 大麻ブランドを宣伝するための規則や規制は、かなり複雑なものになる可能性があります。 THC Creative SolutionsのCorey Higgsが加わって...

サウスダコタ州マリファナの法律

サウスダコタ州マリファナの法律

サウスダコタ州のマリファナの法律サウスダコタ州のマリファナの法律は、XNUMX月に劇的に変わる可能性があります。 サウスダコタ州は、この選挙で医療用とレクリエーション用の両方の大麻に投票します。 私たちは最近サウスダコタンのドレイ・サミュエルソンとメリッサ・メンテレに加わりました...

あなたのビジネスに大麻弁護士が必要ですか?

私たちの大麻ビジネス弁護士もビジネスオーナーです。 私たちはあなたがあなたのビジネスを構築するのを手伝ったり、過度に煩わしい規制からそれを保護するのを手伝ったりできます。

大麻業界の弁護士

316 SW Washington St、 スイート1A ピオリア、
IL 61602、アメリカ
お電話309-740-4033 || メールでお問い合わせくださいtom@collat​​eralbase.com

大麻業界の弁護士

150 S. Wacker Drive、
Suite 2400 Chicago IL、60606、USA
お電話312-741-1009 || メールでお問い合わせくださいtom@collat​​eralbase.com

大麻業界の弁護士

316 SW Washington St、 スイート1A ピオリア、
IL 61602、アメリカ
お電話309-740-4033 || メールでお問い合わせくださいtom@collat​​eralbase.com

大麻業界の弁護士

150 S. Wacker Drive、
Suite 2400 Chicago IL、60606、USA
お電話312-741-1009 || メールでお問い合わせくださいtom@collat​​eralbase.com
大麻産業と合法化のニュース

大麻産業と合法化のニュース

購読して、大麻業界の最新情報を入手してください。 月に2通程度のメールになります!

あなたが正常に登録しています!

これを共有