最新の大麻ニュース
ページを選択

現場での大麻の使用

大麻の社会的使用とは何ですか?

オンサイト大麻使用または大麻社会使用 長い間、その匂いから人体への悪影響と言われている否定的なものに関連しています。 多くの州で大麻が医学的または娯楽的に合法化しているにもかかわらず、大麻の公的または社会的使用は依然として違法です。 これは、1937年以降連邦政府に義務付けられた汚名の直接的な結果であり、大麻の利点に関する調査は行われず、悪影響と大麻使用の害を発見することのみが承認されています。 このまさに理由により、米国ではなくイスラエルが大麻科学の震源地であり続けています。

何のための場所 大麻の社会的使用大麻の公共利用と呼ばれる?

ローカルコントロールと大麻ソーシャルクラブ

現場での大麻の使用

詳細 大麻法と規制レポーターでの大麻の社会的使用に関するトーマスの記事– ここに。

大麻の起業家は、新しいイリノイ大麻規制および税法(「法」)の第55条にある一般規定を検討する必要があります。 410 ILCS 705 / 55-25。 あなたのためにそれをページに入れましょう:

(3) A unit of local government, including a home rule
    
unit, or any non-home rule county within the unincorporated territory of the county may regulate the on-premises consumption of cannabis at or in a cannabis business establishment within its jurisdiction in a manner consistent with this Act. A cannabis business establishment or other entity authorized or permitted by a unit of local government to allow on-site consumption shall not be deemed a public place within the meaning of the Smoke Free Illinois Act.

大麻規制のオンプレミスでの消費

  • サブセクションでは、「大麻事業所」が現場で消費することだけでなく、地方自治体によってそのように承認された他のエンティティも許可します。 法律では、「大麻事業所」をその定義の記事の下で、認可された大麻事業と定義しています。 この法律はさらに進んで、地方政府に追加の権利を提供し、診療所などの大麻事業所を超えて、現場での大麻の使用を許可された任意の事業体に拡大します。
  • 州政府が法的枠組みを設定しているにもかかわらず、地方政府は大麻法に関しては多くの権力を行使しています。 ほとんどの州では、自治体が管轄内で大麻ライセンスの数を設定することを許可しています。 イリノイ州はその大麻ライセンスに州の義務付けられた上限がありますが、自治体は「合理的なゾーニング条例」を設定して大麻事業所を規制する場合があります。
  • 地方自治体は、大麻事業所を禁止し、その数、自治体が敏感と見なす場所からの距離、およびその他の時間、場所、マナーに関する規制について合理的な規制を行うことができます。
  • 合理性は常に状況に基づいた事実集約的な評価ですが、それはまた、地方自治体に大麻関連ビジネスを育成し、収入を生み出すための新しく創造的な方法を提供します。
  • 大麻のソーシャルユーススペースの典型的なアナログは、お酒を提供するバーです。 多くの場合、自治体にはアルコールに関する規制がXNUMXつだけありません。

私の地元の条例を検討した結果、クラスAからLまでの酒類免許と、さらにXNUMXつのサブクラスができました。 大麻は、公共利用ライセンスのために同様に多くのバリエーションを提示します。

自治体は、大麻の吸入の影響の持続時間が短いがバーの摂取に伴う安全プロファイルのため、人々が吸入された大麻製品を単独で消費する可能性がある大麻ラウンジを許可することができます。 または、自治体は、投薬における追加の安全対策を提供するために、食用大麻製品の公的消費に関連する、より厳格な、合理的であると表現される規制を持つことができます。 特定の落とし穴は、吸入された大麻とは対照的に、食用の異なる発症と持続時間に慣れていない人々に起因する可能性があります。 消費者と一般大衆を教育することは、合法化と賢明な規制への動きの鍵を握っています。

さらに、同法は、シェフがゲストのために新鮮な大麻を注入した料理を準備する大麻の夕食クラブを明示的に規定していません。 おそらく、自治体によって設定された妥当な現場での消費規制は、それらの目的を達成するための手段を提供します。 確かに、診療所だけでは注入された料理を作成することはできません。 さらに、同法の規定は数か月間は期限が切れていません。 イリノイ州での大麻の社会的利用については、自治体政府が地域社会で大麻をどのように扱うかを決定することに応じて、時がたてばわかります。

酒類条例と大麻の社会的使用で何が可能かについての道標としてのそれらの多くの分類、および現場での消費があるかもしれない人のための法の下での「認可されたエンティティ」という用語の幅広い用法として、空は限界です。 公共の消費は禁止されていますが、おそらく音楽祭のようなプライベートイベントは、特別な種類の大麻ライセンスの対象となる可能性があります。 おそらく、地元のマッサージ療法士が患者に大麻の外用剤を使い始めるかもしれません。 ヨガのクラスでは、あなたのアーサナに合った適切な組み合わせのイベントが開催される場合があります。 スペースケーキを専門とし、大麻注入器と調剤ライセンスの両方を保持するベーカリーは、いつか現実になるかもしれません。

公共の大麻使用のサービスと販売の違い

地方自治体の社会的使用許可は、コミュニティにとってより多くの収入を意味します。 通常、小売業者は販売するビールと酒類に物品税を支払います。 同法は、診療所での大麻の販売から州と自治体の両方に税収を提供した。 おそらく、自治体は、法律とその近々の規則がそのタイプの注入食品を許可することを前提として、敷地内レストランでの注入食品の販売からいくらかの物品税を課すことができます。 大麻を使用して筋肉痛をマッサージしたいマッサージ療法士はどうですか? 診療所だけが事前にパッケージ化された大麻を販売できるので、それはサービスでなければなりません。 しかし、自治体はそのような使用に対して許可料を請求し、おそらく鎮痛剤中のTHCの量を規制することができます。 将来的には、オンサイトの消費ラウンジが自治体に追加の許容収入と消費税をもたらすでしょう。

多分いつの日か、税金は大麻の中で最も高価な成分になるでしょう。 それは大麻法に非常に多くの法改正を必要としますが、2019年でさえ、アメリカは彼らの酒類法の何百もの改正を可決したことを覚えておいてください。 立法レベルでの変更には時間がかかりますが、決して止まることはありません。

サウスダコタ州マリファナの法律

サウスダコタ州マリファナの法律

サウスダコタ州のマリファナの法律サウスダコタ州のマリファナの法律は、XNUMX月に劇的に変わる可能性があります。 サウスダコタ州は、この選挙で医療用とレクリエーション用の両方の大麻に投票します。 私たちは最近サウスダコタンのドレイ・サミュエルソンとメリッサ・メンテレに加わりました...

NJマリファナ

NJマリファナ

NJマリファナ| ニュージャージー州の大麻合法化ニュージャージー州のマリファナ合法化は、トライステートエリアで合法化の動きを起こす可能性があります。 ニューヨークとペンシルバニアが大麻イニシアチブに取り組んでいると、東海岸は近くでいくつかの合法化の動きを見ることができます...

トーマス・ハワード

トーマス・ハワード

大麻弁護士

トーマス・ハワードは長年ビジネスをしており、あなたがより収益性の高い水域へと進む手助けをすることができます。

Facebookでフォローします

CBDとスキンケア

CBDとスキンケア

CBDとスキンケア-CBDはあなたの肌に安全ですか? CBDスキンケア製品は非常に人気があり、市場は大きく成長しているだけです。 最近のレポートによると、世界のCBDスキンケア市場は1.7年までに2025億ドルに達すると予想されています。MĀSKのサラミルシーニが加わると...

あなたのビジネスに大麻弁護士が必要ですか?

私たちの大麻ビジネス弁護士もビジネスオーナーです。 私たちはあなたがあなたのビジネスを構築するのを手伝ったり、過度に煩わしい規制からそれを保護するのを手伝ったりできます。

大麻業界の弁護士

316 SW Washington St、 スイート1A ピオリア、
IL 61602、アメリカ
お電話309-740-4033 || メールでお問い合わせくださいtom@collat​​eralbase.com

大麻業界の弁護士

150 S. Wacker Drive、
Suite 2400 Chicago IL、60606、USA
お電話312-741-1009 || メールでお問い合わせくださいtom@collat​​eralbase.com

大麻業界の弁護士

316 SW Washington St、 スイート1A ピオリア、
IL 61602、アメリカ
お電話309-740-4033 || メールでお問い合わせくださいtom@collat​​eralbase.com

大麻業界の弁護士

150 S. Wacker Drive、
Suite 2400 Chicago IL、60606、USA
お電話312-741-1009 || メールでお問い合わせくださいtom@collat​​eralbase.com

大麻業界の弁護士

316 SW Washington St、ピオリア、
IL 61602、アメリカ
お電話(309)740-4033 || メールでお問い合わせくださいtom@collat​​eralbase.com
大麻産業と合法化のニュース

大麻産業と合法化のニュース

購読して、大麻業界の最新情報を入手してください。 月に2通程度のメールになります!

あなたが正常に登録しています!

これを共有